[R1102]対筋違い角/どう指せばよいのか分からない



後手番です。



先手は筋違い角です。筋違い角の定跡はまったく記憶にありません。いきなり手探り状態。



ゆっくりとした将棋になりました。きっと作戦負けですね。こちらから△6五歩と仕掛けましたが手抜きで▲3四歩。以降先手の攻めが続きます。



一手余裕ができたので△8六歩からの反撃。▲同歩△8八歩としましたがあまり効果がなくて手抜きされました。単に△5五桂か△8六歩▲同歩△5五桂の方が良かったみたいです。



△8八歩を手抜きして▲3三歩成の局面。ここで私が指した△同金直が敗着。▲2三桂成から2筋を破られてしまいました。正解は△同金右。以下▲3四歩△2四金▲2五歩△3五金▲同銀となって、金桂交換で駒損ですが手番を握れますしまだましでした。

2筋を破られてからは逆転の余地なしで負け。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック