[R1055]対四間飛車(急戦)/クリックミスで形勢が縮まる



後手番です。



相手の四間飛車に対して斜め棒銀で挑みます。銀がこちらの玉頭を狙ってきていますけどひとまず無視。

△7五歩には▲6五歩とされて、以下△7七角成▲同桂△7三銀というような展開になるのかと思いきや、▲7五同歩でした。



△7五同銀になってから▲6五歩でしたので、△7七角成▲同桂でこちらが指しやすくなった感じです。

ここで△7六歩ぐらいで良かったのだと思いますが、実戦では△2二角と自陣角を打ちました。しかし▲5五歩で簡単に止まっています。あまり良くなかったですね。



しばらく先手からの攻勢が続き、ずいぶん盤上がすっきりしました。攻められはしたものの駒得できました。先手は少し駒が足りないです。



この局面では△3一玉と金を取ってしまえば先手からの速い攻めはなく、対してこちらからは△6六角ぐらいでほとんど勝っていそう。しかし実戦で指したのは△1二玉。早逃げをしたかったわけではなくて、ただのクリックミス。



少し先手から迫られる格好となりましたけどもう一枚駒が足りなくて、ここで▲1七銀△同玉▲2五桂△2四玉という感じで追っても詰みません。

先手は▲2六歩と逃げ道を作りましたが、寄せることができました。



R1055→R1073。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック