[R1334]対四間飛車(急戦)/無理な仕掛け



後手番です。



先手の四間飛車に対して後手は斜め棒銀の急戦。しかし4六歩を突いていない状態での仕掛けは良くありませんでした。



飛車角交換で後手が指しやすくなったかなと思っていたのですけど、端攻めをされてそんな気分は吹き飛びました。



この▲4六角が絶好の角打ちですね。



後手は駒損ながら龍は作っていますし、桂香が持ち駒にあるので結構先手玉に迫れそうな形をしています。▲3六歩の桂取りに対して△2七歩としていれば良い勝負だったと思います。▲同銀なら△同桂成で先手玉が薄くなりますし、玉が逃げれば大きな拠点になります。

しかし実戦は△9八龍。



それでもまだ後手にチャンスがありました。この局面は龍が間接的に先手玉を狙っていて間にいる角が動けない状態。ですので△7六桂でしたでしょうか。本当は△6八龍▲同金△2七銀成▲同玉△4五角(参考図)で決めたいところ。



しかしこれは▲3六香の移動合いで受かっています。



▲4八玉となった局面では先手玉が捕まらなくなりました。

後手の反撃が決まって終局。



R1334→R1318。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック