[R1522]相矢倉/堅いところを攻めても効果が薄い



先手番です。



後手は8筋9筋の歩を保留して4二銀を先に入れるという専守防衛で待ち受けています。ここでどう指して良いのか分からなかったので▲6五歩と突きました。



後手は△3三桂と強く来ました。ここは▲1五歩△同歩▲3五歩△同歩▲5五歩と攻めて行くべきでした。実戦は▲3三桂成△同銀上▲2四桂と攻めましたが、そこは後手も待ち受けているところであまり響いていません。



先手が攻めきれず後手に端から反撃されました。



△7五歩の継続手が厳しいですね。後手に桂馬が三枚もあるのでべたべた桂馬を打たれて受け切れそうにありません。なので8五の桂馬を取って▲2五桂と反撃をしますが、まだ後手陣は堅いです。



△7五桂がこれまた厳しい。



成銀取りを無視しての△8六歩。これで飛車も利いてきました。

後は受けても一手一手で後手が勝ちました。



R1522→R1503。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック