[R1560]矢倉(後手急戦)/端攻め



先手番です。



後手は4四銀での右四間飛車。ちょっと攻撃力が不足しているでしょうか。



中央は先手が押さえる形で落ち着きました。一転お互いが端攻めをする展開に。先に先手が端攻めをしたのですが、その際に渡した歩で後手からの端攻めを許すことになりました。こうなってみると先手は桂馬が立ち後れているので、端攻めの前に桂馬を上がっておくというような手を指しておくのが良かったです。



△7六香と駒を足して先手玉に圧力をかけてきます。ここで先手は▲2七香からの攻め合いに出たのですが、ここは▲8五桂から一旦は自玉の周りを清算しておいた方がまだましだったと思います。



△7八銀と打ち込みが実現しました。

先手陣は持ちこたえることができず後手の勝ち。



R1560→R1547。1級に降級です。

"[R1560]矢倉(後手急戦)/端攻め" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント