テーマ:矢倉

[R1522]相矢倉/堅いところを攻めても効果が薄い

先手番です。 後手は8筋9筋の歩を保留して4二銀を先に入れるという専守防衛で待ち受けています。ここでどう指して良いのか分からなかったので▲6五歩と突きました。 後手は△3三桂と強く来ました。ここは▲1五歩△同歩▲3五歩△同歩▲5五歩と攻めて行くべきでした。実戦は▲3三桂成△同銀上▲2四桂と攻めましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1536]矢倉(後手急戦)/受ける手が見えていない

先手番です。 後手が一直線に攻めてきました。 あっさりと銀交換が確定。 しかし先手も飛車先は切ったし馬も作ったしで盛り返しています。 ところがせっかく作った馬を消されてしまいました。ここで馬を逃げるのは△6七角成▲同金△8七飛成と龍を作られてしまいます。 △8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1602]矢倉(後手急戦)/囲いの途中で戦い

後手番です。 先手が早い段階で3筋の歩を交換してきました。後手も角に銀を当ててすぐに攻撃態勢を作りに行きます。 継ぎ歩と垂れ歩で先手が上手く2筋を詰めました。先手玉は矢倉の堅陣ですが、後手玉はこれ以上堅くなりませんね。 後手が攻勢の中、先手は▲7五飛と飛車をぶつけてきました。このままでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1560]矢倉(後手急戦)/端攻め

先手番です。 後手は4四銀での右四間飛車。ちょっと攻撃力が不足しているでしょうか。 中央は先手が押さえる形で落ち着きました。一転お互いが端攻めをする展開に。先に先手が端攻めをしたのですが、その際に渡した歩で後手からの端攻めを許すことになりました。こうなってみると先手は桂馬が立ち後れているので、端攻めの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1528]対右玉/最後に逆転

一つ前の棋譜を保存し忘れてしまいました。対四間飛車の後手番で勝ってR1527→R1528となりました。 後手番です。 先手は右玉です。 ▲6五歩と突いて角で玉を狙われてしまいました。 4筋を突き捨てて角筋を通してから▲2四歩△同歩▲2五歩の継ぎ歩。△同歩は▲同桂で駄目そう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1458]相矢倉/あっという間に終盤

先手番です。 お互い角が飛び出す形。後手が飛車先を伸ばしているのに対して先手は玉の囲いが進んでいるので、後手の方がちょっと怖いでしょうか。 角交換のあとすぐに銀も取り合う形になりました。 後手は馬の力で局面を落ち着かせたいところ。 先手はただで取れる銀を無視して▲3四歩と伸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1445]相矢倉/王手の先手を逃す

先手番です。 相矢倉で後手が4筋の位を取る指し方をしていたので先手が反発するという展開になるのかと思いきや、△3七角成と後手がいきなり角を切ってきました。 後手が銀取りを無視して△3七歩成とと金を作ったところ。思わず飛車を逃げてしまったのですけど、▲3三桂不成が王手で先手なのでこの一手でしたね。失敗し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1439]矢倉(対雁木)/狙い通りの攻撃態勢

後手番です。 先手は雁木に組んできました。 先手は右四間飛車からの一点集中の攻撃。見事に決まっています。後手は△6四歩と早めに突いて6五歩・6六銀の形を作らせない方が良かったでしょうか。 ▲4三歩の金取り。この手に対しての△5一玉が粘りを欠く手でした。ここは△5二金とかわして我慢するとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1472]矢倉/クリックミスかと思ったら

先手番です。 後手は2手目△3二銀。これはクリックミスかなと思いましたが。 後手は歩をまったく突かずに待機する稲庭将棋風の構えでした。 先手は端に戦力を集中します。 さすがに受けきれず先手の勝ちとなりました。 R1472→R1489。最高R更新です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1356]相矢倉/終盤で悪手

先手番です。 後手だけ早囲いの権利が残ったので、簡単には許しませんよと▲3五歩と突っかけます。 後手の囲いが完成する前に先手は攻めて行きます。 ここから▲4六銀と出て一気に捌きます。 飛車金交換で後手の駒得ですが、後手玉が薄いので勝てるだろうと判断。ただし▲7七金寄と逃げる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1342]相矢倉/押さえ込み成功

先手番です。 手順が少し普段と違っていたので先手だけ飛車先を伸ばしている分囲いがまだできていません。そこを後手が狙ってきたのかと思いました。 実戦は7筋で一歩交換しただけでお互い囲い合う形。先手も後手に対抗して▲6六銀と盛り上がりましたが、ここで△5五歩とされるとちょっと自信がないですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1403]相矢倉/逃げて勝つ

先手番です。 後手から△9五歩と仕掛けてきました。 9筋で一歩手に入れて△4五歩▲同銀△4四歩が後手の狙い。先手はいきなり銀損です。 9筋か逆襲してと金を作ることができたのでまだやる気は残っているというところ。 △8六歩と嫌なところに歩を垂らされましたけど、後手は持ち駒に桂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1368]四間飛車(持久戦)/飛車取りに見せかけて狙いは角

後手番です。 後手の四間飛車に対して先手は右四間飛車を匂わせた出だし。 しかし飛車は動かさずに2筋の歩を伸ばしてきました。 後手は失敗して2筋を破られそうでしたが▲3一角と飛車取りに打ち込んできたので△4六角とこちらも飛車取りで角を打ちます。 普通に▲4二角成と飛車を取って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1383]対右玉/取り残される棒銀

先手番です。 後手は雁木かなと思いましたが。 右玉でした。 対して先手は棒銀です。しかし玉が遠いのであまり成功しないのですよね。 ▲3八飛と寄って3三の角が動けないように牽制しましたが、初志貫徹で▲3五銀の方が良かったようです。 後手は玉頭から手を作ってきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1317]矢倉(後手急戦)/うっかりかクリックミスか

一つ前の棋譜を保存するのを忘れていました。対向かい飛車で負けでした。 先手番です。 後手は右四間飛車です。 この△6五歩が結構うるさいです。 結局上手く対処できなくて馬を作られる展開になりました。 先手は絶体絶命。△3八飛成とされると終わります。しかし後手はうっかりな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1282]相矢倉/悲観

先手番です。 相矢倉。 入るうちに入れておこうと▲1四歩の突き捨てを入れましたけど、後続がなく単に後手玉を広くするだけの手になってしまいました。歩が何枚かあれば△同歩に▲1二歩△同香▲1三歩で続くのですけどね。 ▲8四角成と後手の攻めの拠点を奪いに行きます。場合によっては入玉も狙うという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1345]相矢倉/長手数の二転三転

この週末はあと二つ勝てば最高R更新というところだったのですけどいきなり4連敗スタート。さらにその後に5連敗なんていう派手な負け方をしたのでレートが随分下がってしまいました。何とか取り戻そうと対局を繰り返したのですけど勝ったり負けたりでなかなか連勝できなくてだめ。地道に戻していくしかないですね。 先手番です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1358]矢倉(後手急戦)/離されては追いかける

先手番です。 先手の矢倉に対して後手は急戦模様。 ここで▲5七銀右としましたけど▲5六金と積極的に行った方が良かったでしょうか。 しばらく駒組みが続いた後、後手が攻めてきました。△4六銀に対して▲同銀としたのですけどこれは失敗。手順に△同歩で後手の歩が伸びてきました。 △5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1370]相矢倉/入玉できそうだったが

先手番です。 後手は早めの△5五歩。 先手が▲6五銀とぶつけた手に対して後手は△6三銀と引きました。次に△6四歩で先手の銀が詰んでしまうので先手忙しいです。 先手は端から手を作ろうとしましたけど受けられてしまい、銀を詰まされてしまいました。 先手が駒損のまま終盤戦へ。△7九…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1363]相矢倉/棒銀が素直に決まる

先手番です。 後手は玉の囲いを省略して棒銀で来ました。先手も無策で待ち構えていたため簡単に銀と角を捌かせることになってしまいました。ここは一手前に▲8八銀として棒銀を空振りさせるところでしたね。 軽く打った△4九角がかなり受けにくいです。 先手の飛車が取られる展開となりました。先手陣は隙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1331]相矢倉/中央の銀と棒銀の勝負

先手番です。 先手は中央から、後手は棒銀での攻めを狙います。後手は△3二金の一手を省略するというちょっと怖い形です。 後手の攻めが一足早く決まりました。角取りを放置しての△6九銀の割り打ち。先手は飛車を取られるわけにはいかないので▲5六飛と飛車を逃げましたけど、△7八銀成と金をはがして先手玉がかなり薄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1362]相矢倉/飛車の逃げ場所が悪い

先手番です。 お互い早囲いの相矢倉。 後手に△4四銀右と位を支えられる前に▲4六歩と反発します。 ▲8三銀の飛車取り。端歩を突いてあれば△9三飛でそれほど厳しくないですけど、この形では飛車が逃げるしかありません。△5二飛と逃げましたが、場所が良くありませんでした。 ▲4四桂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1347]矢倉(対銀冠)/飛車に目がくらむ

先手番です。 後手は△2四歩と角頭の歩を突いてきました。 先手は菱矢倉、後手は銀冠とお互いがっちり囲います。後手は囲いに手数をかけている分左の銀が立ち後れています。 先手は5筋で一歩得をして、桂頭を上手く攻めることに成功しました。矢倉戦では▲7五歩と桂頭を攻めても△8四飛と受けられて上手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1331]相矢倉/良くする変化が分からない

先手番です。 相矢倉でだいたい定跡通りの手順で進みました。先手は▲6四歩の突き捨てから入りましたけど、これは手順が違っていて▲3五歩からが定跡でした。 手順は違いますが定跡通りに進みました。私が持っている本によると▲7五歩と突ければ先手が良いということが書かれていたのですけど、△8四飛と受けられてみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1177]相矢倉/ありがたい端攻め

先手番です。 普通の相矢倉戦です。 先手の▲2五桂が早かったために△4五歩の反撃を受けてしまいました。一手前の▲2五桂では代わりに▲6五歩か▲5七角としておくのが良かったと思います。 △4五歩を取ると悪くなりそうだったので、一旦銀を引いてから▲4六歩と逆襲します。△同歩▲同角に対して後手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1161]矢倉(後手急戦)/途中から先後が入れ替わったよう

先手番です。 後手は右四間飛車。先手も万全の体制です。 後手は急戦をあきらめて玉を囲いました。逆に先手が急戦の形になっています。端の突き捨てから開戦。 先手は角筋を頼りに攻めます。 △6六桂と後手の反撃が来ました。対して先手は▲4四歩の攻め合いを選びました。これは気風なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1102]矢倉(後手急戦)/棒銀の攻防

先手番です。 後手は棒銀です。次に△8六歩▲同歩△同銀▲同銀△9九角成となったら後手優勢です。 先手は角交換して攻撃を緩和して、▲8八銀と引いて棒銀を受けます。 飛車先を止めて棒銀失敗に終わりました。 しかしそのまま先手勝ちとはならず、後手も攻めをつないできます。後手の攻め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1084]矢倉(後手急戦)/棒銀一直線

先手番です。 後手は原始棒銀。先手は防戦一方の構えです。 後手が馬を作ることに成功しました。 後手の馬を世に出してはいけないので駒を投入します。 後手が攻めあぐねていて、ようやく先手に反撃の機会が回ってきました。 先手の攻めが切れない形となり、後手からは速い攻めがない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1052]相矢倉/押さえ込みを突破できるか

先手番です。 相矢倉。後手は早々に△5三銀として受けの姿勢を見せています。 後手は2枚の銀で押さえ込んできます。先手がこれを突破できるかどうかが勝負。 先手は一旦玉を囲ってから端に手を付けます。 攻めた分だけ反撃が来ます。この局面になってみると一手▲9六歩と端に手を入れてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more