テーマ:四間飛車

[R1499]四間飛車(持久戦)/穴熊の遠さを活かせず

後手番です。 後手の四間飛車に対して先手は居飛車穴熊。6六の地点が薄くなったので後手から△6五歩と仕掛けました。 △3九角の飛車取りを無視しての▲5五角が良い手で△3三金とこんなところに金を使わされてしまいました。 お互い馬ができた局面では先手の方が良さそうですね。 この局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1529]四間飛車(急戦)/ひとつ隣

後手番です。 先手は右四間飛車です。 長い駒組みになりました。▲3六歩に対して角を捌こうと△4五歩でしたが▲同銀と取られてあまり良くありませんでした。 以下先手だけ龍を作る展開に。 後手は少し苦しいですけど、ここで△3八角から桂馬を取って駒損を回復しつつ自玉に馬を利かせるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1537]対四間飛車(急戦)/慣れない定跡

後手番です。 先手の四間飛車に対して後手は6五歩早仕掛け。対四間飛車の急戦は斜め棒銀ぐらいしか知らないのでうろ覚えで指してみました。 途中間違えながら定跡形に近い形でここまで来ました。大きく違うのが1筋の突き捨て。これはまだタイミングが早いですね。 ▲5九飛は先手が間違えました。ここは▲6九飛打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1526]四間飛車(急戦)/駒の総交換

後手番です。 先手は腰掛け銀の形から▲4五歩と仕掛けて来ました。 駒の総交換があって▲7五桂△6二金引▲6三銀と打ち込んできたところ。▲7五桂と打たれたのは痛かったですね。6三の地点に銀を打ち込んできましたが、一回▲1一龍と香車を取っておいてから▲7五桂~▲6三香という指し方もあるかなと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1489]対四間飛車(持久戦)/切れる寸前の攻め

[R1489]対四間飛車(持久戦)/切れる寸前の攻め 先手番です。 △3三角としたので相振り飛車もありそうでしたが今回は居飛車にしました。 先手は角道を止めていたので持久戦の構え。後手は飛車を振り直して飛車の位置だけなら相居飛車の形になりました。 先手が▲5五歩と突いたのがまずくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1508]四間飛車(急戦)/攻めが重い

先手番です。 矢倉模様の出だしでしたが後手が△6四歩と右四間飛車を見せてきたので先手は四間飛車で対抗するという展開になりました。 しかし後手は飛車を動かさずに攻めてきています。 △6七銀と打ち込まれた局面。△6九飛と逃げると△7六銀成で押さえ込まれて駄目かと思い、▲同飛△同歩成▲2二角成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1496]四間飛車(持久戦)/駒が離れた瞬間の攻め

後手番です。 先手の銀が守りから離れた瞬間を狙って後手が仕掛けました。△6六歩と拠点を作るのに成功。 ▲4五銀と出てきた手に対して△6七歩成の成り捨て。▲同金は△8八角成▲同玉△4五飛の二枚替えなので▲4六角と出てきました。 以降は後手が金駒をほとんど独占する形となり受ける駒のない後手は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1479]四間飛車(持久戦)/振り飛車側から角交換狙い

後手番です。 先手は早々と玉を9九に移動。対して先手は△4五歩と角交換を狙います。▲6六歩と止めてくるかなと思ったら▲3三角成と角交換してきました。 しばらく駒組みが続き、後手から△4六歩と仕掛けます。▲同歩なら△6五桂から飛車を捌く狙い。実戦は▲同銀だったので△3九角から馬を作りました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1490]四間飛車(持久戦)/なすすべもなく敗北

後手番です。 先手は角を右辺に展開して直接玉を狙う構えできました。 先手が上から攻めてきているのに後手はそれに備えなかったので、簡単に先手に攻め込まれてしまいました。一手△4二角と引いていれば全然違った展開でしたね。 あっさり馬を作られます。 後手は良いところがなく、先手の完勝。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[R1506]四間飛車(持久戦)/単純な手の見落とし

後手番です。 先手は端歩を突いておきながら穴熊に組むというちょっと欲張った指し方。 怖くて△同玉とは取れません。先手にとっては絶好の位置に拠点を作ることに成功。 次に▲7八飛と回られるのを防ぐ△7七歩。犠打です。 だいぶ手が進んだところです。▲7四歩に対して△8五桂と逃げた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1504]四間飛車(持久戦)/方針変更で手損

後手番です。 先手は▲9八香と上がった後に▲8八角と戻るちょっとちぐはぐな手順。穴熊は危険と見たようです。 先手の囲いは角が8八にいたままでミレニアムのような格好となりました。 △5四銀と打ってこの銀が桂馬を取った後に攻めに使えそうなので良さそうに思いました。先手は角が、後手は飛車が自陣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1590]四間飛車(急戦)/飛車寄りが一手遅い

先手番です。 先手の四間飛車に対して後手は棒銀の急戦です。△8四銀と出てきたのでここは▲7八飛と寄っておくところですけど、△9五銀と出られるとまずいと思って▲9六歩と受けました。しかし△9五銀と出られても▲8八飛で8筋は受かっているので端を受ける必要はなかったですね。 飛車寄りが一手遅かったために4八…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

[R1573]四間飛車(持久戦)/囲いが完成する前の仕掛け

後手番です。 後手の四間飛車に対して先手は急戦かと思いきや▲7七銀。こうなると玉頭位取りが濃厚なので△7四歩と突いてしまう手もあったでしょうか。実戦は突かずに駒組みしました。 先手の囲いが完成する前に△3六歩の仕掛け。▲同歩なら△4五歩。実戦は▲同飛だったので飛車交換になりました。 後手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1547]四間飛車(急戦)/一回は飛車を逃げておく方が

後手番です。 後手の四間飛車に対して先手は棒銀です。 ここでは△4二飛だったでしょうか。よく分からなくて△6五歩としました。 この▲2四歩が受けにくいですね。△同歩は▲4四歩で金をどかせてから▲2四飛があります。 取れないので手抜きをして攻め合い。しかしこの飛車取りは手抜か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1598]四間飛車(急戦)/途中までは定跡通り

後手番です。 後手の四間飛車に対して先手は斜め棒銀。 △3七歩も定跡です。 お互い飛車を打ち合ったところまで定跡通りに進みました。ここで後手は△5一金引か△8八銀と指すところですが、実戦は手堅く△5一銀。手堅いのですけど、攻撃力が足りなくなってしまいます。 後手は6九の金を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1621]四間飛車(急戦)/飛車が動いた瞬間に反撃

後手番です。 後手の四間飛車に対して先手は斜め棒銀の急戦。 準急戦でした。 後手は飛車を7筋に展開。 後手の飛車が7五に移動した瞬間に▲2四歩の突き捨て。これでしびれてしまいました。 と金を引きつけて角を殺します。 後手は角が取られる間に龍を作り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1513]四間飛車(持久戦)/美濃崩しの手筋

後手番です。 先手の四間飛車に対して後手は天守閣美濃。 後手が上手く捌いたかに見せたところで先手の▲6五桂の切り返し。△同歩は▲7七角の王手飛車取りで終わります。敵の打ちたいところに打てで△7七角と打ちましたが▲6七飛△9九角成▲5三桂成と先手の左桂が捌けました。 ここでは△4四銀とかわしつつ王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1494]四間飛車(急戦)/攻め合いで逆転

後手番です。 先手は五筋位取り。▲5九金と飛車の成り込む手を消してから▲4五歩の仕掛け。 次に▲4五歩と打たれるとまずいので△5四歩の突き出し。 ▲5四同歩に対して数で負けないように△同金としましたが、守りの金が離れるので微妙でした。△5五歩の方が良かったかもしれません。実戦は▲4五歩か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1474]四間飛車(持久戦)/馬の位置が良い

先手番です。 先手の四間飛車に対して後手は右四間飛車です。 後手は急戦ではなく穴熊を目指してきました。 先手は後手の穴熊が完成する前に仕掛けます。 銀交換のあと▲6五歩で角も捌きに行きます。 この局面。金に目がくらんで▲6三桂成としましたが、▲4三桂成の方が良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1428]四間飛車(急戦)/一気に終盤

後手番です。 後手の四間飛車に対して先手は右四間飛車。 ▲5三銀△4一飛▲4四歩が上手い手順で、後手の飛車と角が押さえ込まれました。 激しい展開となり、後手は自陣に金駒が一枚あるだけになってしまいました。その代わり端を詰めているのと角筋が通っているのが望み。6六の銀が取られる形なので、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1476]四間飛車(急戦)/玉頭開拓

後手番です。 後手の四間飛車に対して先手は速攻できました。 後手は△4五歩と角を捌いて勝負します。 先手が▲3四飛と出てきたところ。ここで△4三金と上がって飛車が逃げて△2五飛というのが読みでしたが、飛車取りを無視して▲3七桂でした。これが良い手でしたね。勢い飛車を取り合いましたが、後手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1410]四間飛車(急戦)/角中心の攻め

後手番です。 後手の四間飛車に対して先手は持久戦かと思いきや▲2四歩といきなり仕掛けてきました。 交換した角を直ぐに▲5五角と打ち付けて飛車のこびんを狙います。 ▲2四歩△2五歩▲5五角に対して△2四飛で現局面。▲5五角に対して後手が何もしなければ▲2五飛だったのでしょうけど、△2四飛と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1373]対四間飛車(持久戦)/とりあえずは自陣を固める

後手番です。 先手の四間飛車穴熊に後手は銀冠。先手は三間に振り直しています。 まずは△8六歩と突き捨てから入ります。 △7七歩が焦点の歩。対抗形では良く出てきますね。▲同飛と取るしかなくて△6六角と出ます。後手好調。 先手はと金を二枚作っていますがまだ遠いです。対して後手は△7八龍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1376]対四間飛車(持久戦)/方針変更で失敗

後手番です。 先手は立石流を目指してきました。 一度交換した角をお互い投入しつつがちがちに固め合う展開に。後手は△1二香と上がって一度は穴熊への組み替えを目指したのですが、先手の金が守りから離れているのを見てここから捌きに出ました。 飛車と角は捌けたものの6三に先手のと金が残る形に。これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1356]四間飛車(対右玉)/無理して動かなくても良かった

先手番です。 2手目△3二金だったので四間飛車にしました。 後手は右玉。四間飛車での対右玉は経験値不足で手探り状態です。 後手が△8一飛と戻って8筋突破を狙ってきた局面です。上手い受けがないので突破される前に動かないと駄目だと思って▲4五桂から動きました。しかし△8六歩▲同歩△同飛の時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1386]四間飛車(急戦)/遊び駒だらけ

後手番です。 後手の四間飛車に対して先手は棒銀できました。 先手は4筋からではなく端から攻めてきました。知らなかったのですけどここでは△3四飛と上がるのが定跡らしいです。実戦は△2二飛▲2八飛で後手の飛車が窮屈に。 上手いこと後手の飛車が相手の押さえ込みをかわして世に出ようかというところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1388]対四間飛車(持久戦)/飛車の働きの差

後手番です。 先手は四間飛車から一目散に穴熊。 後手は天守閣美濃で対抗します。 後手が上手く捌けました。駒の損得がないので通常は穴熊がよいのでしょうけど、この局面は飛車の働きが全然違うので後手が良さそうです。 先手は押さえ込まれていた飛車を世に出そうと▲6九角と打ちましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1402]四間飛車(持久戦)/受けのチャンスをことごとく逃す

後手番です。 後手の四間飛車に対して先手が居飛車穴熊だったので、後手は藤井システム風に組んでいましたが▲8六歩を突かせたことに満足して△6二銀。 先手に▲8七銀から▲8八銀の二手が入ってしまうとものすごく堅くなってしまうのでその前に後手から動きます。このまま4筋が破れればいくら先手玉が堅くなっても攻め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1386]対四間飛車(急戦)/駒の取り合い

後手番です。 先手の四間飛車に対して後手は急戦。先手は穴熊を警戒していて玉がまだ囲い終わっていません。 途中壮絶な駒の取り合いがあって随分盤面がすっきりしました。ここから終盤の速度勝負。 お互い追い詰められてきています。ここで▲4八金と馬を取る手が詰めろ逃れの詰めろで恐らく先手の勝ち。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1368]四間飛車(持久戦)/飛車取りに見せかけて狙いは角

後手番です。 後手の四間飛車に対して先手は右四間飛車を匂わせた出だし。 しかし飛車は動かさずに2筋の歩を伸ばしてきました。 後手は失敗して2筋を破られそうでしたが▲3一角と飛車取りに打ち込んできたので△4六角とこちらも飛車取りで角を打ちます。 普通に▲4二角成と飛車を取って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more