テーマ:筋違い角

[R1525]対筋違い角/ばたばたと終局

後手番です。 いきなりの角交換で筋違い角になりました。 そのあとはしばらく駒組みが続きました。先手が3八にいた金を▲4七金と上がったところ。これが悪手になりました。 △6六歩▲同歩の突き捨てを入れてから△4五銀直▲同歩△2八角成。 ちょっと収拾がつきにくいですね。実戦はここから▲3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1585]対筋違い角四間飛車/隙あり

後手番です。 先手は筋違い角。 そして四間飛車。 ▲6六銀と出たのが不用意な一手で先手陣に隙ができました。後手は逃さず△7九角。 後手は馬を使ってゆっくり攻めればよいので、ちょっともったいないですけど先手の角切りを警戒して△4三香と受けに投入。 それでも先手は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1369]対筋違い角/空き王手でしびれる

後手番です。 先手は筋違い角。 飛車を四間に振ってきました。 対する後手は銀を5四に繰り出して△4五歩と位を取って角道を止めます。 △9五歩と突けば先手の角の行き場がありません。それには気づいていたのですけど▲5二角成と切られる手が嫌だったので△7四歩として次の△9五歩を楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1068]対筋違い角向かい飛車/あっさりと飛車先突破

後手番です。 先手は筋違い角です。 ▲8四飛で8筋が受からない状態です。先手は少しの駒しか動かしていないのに優勢です。 ▲3六香に対して悪いなりにも△3三香と受けておけば良かったと思いますが、別の手を指して金と香車を交換することになってしまいました。粘りが足りませんね。 △…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1068]対筋違い角四間飛車/連続角打ち

後手番です。 先手は筋違い角。 後手は△4五歩で先手の角筋を止めます。将来玉が2筋へ行った時に角の利きが残ったままだと怖いですからね。 先手は美濃囲いの堅陣なのに対して後手は玉の側には金が一枚しかいません。後手が上手く押さえ込めるかどうかが勝負ですね。 先手は角を切って来ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[R1102]対筋違い角/どう指せばよいのか分からない

後手番です。 先手は筋違い角です。筋違い角の定跡はまったく記憶にありません。いきなり手探り状態。 ゆっくりとした将棋になりました。きっと作戦負けですね。こちらから△6五歩と仕掛けましたが手抜きで▲3四歩。以降先手の攻めが続きます。 一手余裕ができたので△8六歩からの反撃。▲同歩△8八歩と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more